ジャンプ(多機能型就労継続支援)

就労継続支援A型(雇用型)とは

一般企業等に就労することが困難な身体、知的障がいのある方や難病の方に対して、雇用契約に基づく生産活動の機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行い、『働く場』を提供する事業です。

利用者の皆さんは、実際の業務や職業訓練を通じながら、一般就労に必要な知識や能力、体調管理能力などを身につけ、最終的には一般就労への移行をめざします。

就労継続支援A型の対象者

企業等に就労することが困難な方であって、雇用契約に基づき、継続的に就労することが可能な65歳未満の方(利用開始時65歳未満の方)。具体的には次のような例が挙げられます。

  1. 就労移行支援事業を利用したが、企業等の雇用に結びつかなかった方
  2. 特別支援学校を卒業して就職活動を行ったが、企業等の雇用に結びつかなかった方
  3. 企業等を離職した方など就労経験のある方で、現に雇用関係がない方

※就労継続支援A型事業所を利用するには、原則として『障害者手帳』、『療育手帳(愛の手帳など)』、『特定疾患医療受給者証』などが必要になります。

※市区町村の保健福祉課などへの申請も必要となります。

※申請には専門の用紙への記入や医師の診断書が必要になるケースもあります。

※地区により行政機関の受付の課や手続きが異なります。

※場合によって利用料がかかることもあります(弊社では会社が負担しています)。

※医療券が必要な場合もあります。(詳細はお住まいの地区の役所、支援施設、事業所などにご相談ください)

就労継続支援B型(非雇用型)とは

一般企業等に就労することが困難な身体、知的障がいのある方や難病の方で、雇用契約に基づく就労も困難な方対して、雇用契約に基づかないかたちで生産活動の機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行い、『働く場』を提供する事業です。

利用者の皆さんは、実際の業務や職業訓練を通じながら、一般就労に必要な知識や能力、体調管理能力などを身につけ、就労継続支援A型に基づく雇用や一般就労への移行をめざします。

利用期間に上限がないため、2年間就労移行の期間を経て、就職につながらなかった場合でも、就労継続支援B型で引き続きトレーニングを受けることが可能です。

就労継続支援B型の対象者

企業等に就労することが困難な方であって、雇用契約に基づき継続的に就労することが困難な方。具体的には次のような例が挙げられます。

  1. 就労移行支援事業所を使用したが、就労継続支援A型(雇用型)や一般企業等の雇用に結びつかず、B型事業所の利用が適当と判断された方。
  2. 就労経験がある方であって、年齢や体力の面で一般企業に雇用される事が困難となった方で、就労の機会等を利用することによって、生産活動にかかる知識および能力の向上や維持が期待される方。
  3. 上記に該当しない者であって、50歳に達している者又は障害基礎年金1級受給者
  4. そのほか市町村が認めた方。

※就労継続支援B型事業所を利用するには、原則として『障害者手帳』、『療育手帳(愛の手帳など)』、『特定疾患医療受給者証』などが必要になります。

※市区町村の保健福祉課などへの申請も必要となります。

※申請には専門の用紙への記入や医師の診断書が必要になるケースもあります。

※地区により行政機関の受付の課や手続きが異なります。

※場合によって利用料がかかることもあります(弊社では会社が負担しています)。

※医療券が必要な場合もあります。(詳細はお住まいの地区の役所、支援施設、事業所などにご相談ください)

作業内容(施設外就労)

コンビニ内作業

コイル製作

作業内容(施設内就労)

転写貼り

まごころ洗車隊

iphone修理

ダチョウのど飴

就労支援への取り組み

ご利用の流れ

まずは、支援・・生活支援センター(相談支援事業所)、またはハローワークなどにご相談ください。 当事業所に直接お問合せ頂いても大丈夫です。

ジャンプ1

お問合せ

相談支援事業所・ハローワークへお問合せください。

ジャンプ2

施設見学

実際に施設を見学してみて、本人と保護者の方に合いそうか確認していただきます。

ジャンプ3

障害福祉受給者の申請

市・区役所に申請を行ってください。

不明な点などは専門スタッフがご説明いたします。

ジャンプ4

計画案の作成依頼

指定特定相談支援事業所にサービス利用計画案の作成を依頼ください。

ジャンプ5

施設利用申請

管轄市町に施設利用申請を行ってください。

必要書類等はご確認ください。

ジャンプ6

計画案の作成

指定特定相談支援事業所による、サービス利用計画案作成に関わる、本人への聞き取りを行います。

保護者の方もご同席の上で行います。

ジャンプ7

認定調査

各市町による本人への聞き取りが行われます。

ジャンプ8

受給者証交付

各市町から利用決定通知および、受給者証が交付されます。

ジャンプ9

施設利用開始

利用者様や保護者の方の意向を取り入れ、施設を利用していきます。

一日の流れ

平日(月曜日~金曜日)

時間 就労継続支援(A型) 就労継続支援(B型)
09:45 バイタルチェック バイタルチェック
10:00 ミーティング
作業の打ち合わせ
ミーティング
訓練の打ち合わせ
10:30 作業・施設外就労 訓練・施設外就労
12:00 お昼休み お昼休み
13:00 作業・施設外就労 訓練・施設外就労
14:00 作業 自主学習
14:30 掃除・ミーティング
一日の作業報告
掃除・ミーティング
一日の作業報告
15:00 終了 終了

アクセス

お問合せ

お電話または、メールにてお気軽にお問合せください

0956-59-8823

メールでのお問合せはこちら

よくある質問

ジャンプに寄せられるよくある質問についてまとめております。その他に気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。

就労支援とはなんですか?

障がいをお持ちの方の働きたいという思いを実現するために、ワークステーションジャンプでは、支援員が全力でサポート致します。

作業は簡単な転写貼りや箱作りのお仕事です。

就労継続支援A型とは?

障がいをお持ちの方が働くために必要な訓練や相談・支援を行うサービスです。

最低賃金の保証と雇用保険の加入もあります。

就労移行支援とは?

障がいをお持ちの方が一般の企業へ就職するために、施設内での終了の訓練や職場実習、就職相談などを行っています。

最大2年間で様々な支援を行います。

サービスを受けるためにはどうしたらいいですか?

福祉サービスを受けるには、「障害福祉サービス受給者証」という書類を発行してもらう必要があります。

発行の手続きについては、お住まいの区市町村役所にある「障害福祉課(地域によって呼び名は異なります)」と呼ばれる障がい(障害)者関連の担当部署にお問い合わせください。

お試し利用はできますか?

見学や体験入所を受け付けております。お気軽にご相談ください。また、ご家族と語る会では、弊社代表からみなさまへ、直接ご説明する機会を設けております。併せてご検討ください。

用事のある日に休暇や遅刻・早退などはできますか?

基本的には可能です。しかし、「社会人」としてのルールは守っていただきます。例えば、どうしても外せない用事のときは、事前にご連絡をしていただきます。

また、体調の急変や突然の用事で欠席をされる場合は、弊社へ欠席のご連絡はしてください。無断欠席は基本的に認められません。

利用日数や利用時間は相談できますか?

体調や通院事情等に十分に配慮し、相談しながらご利用いただけます。

どのような方が利用していますか?また利用している人はどのくらいいるのでしょう?

18歳~65歳未満の発達障害や精神障害のある方をはじめ、身体障害や知的障害のある方々にご利用いただいています。

また難病のある方も利用可能です。また各センターあたり、1日平均約10名の方が利用されています。

就職後のサポートはいつまでしてもらえますか?

就職後、ご本人やケースに合わせて就職先の企業等と一緒に作成する定着支援計画によります。ご希望等をお聞きしながら計画を作成しますのでご安心ください。

費用はかかるのでしょうか?

福祉サービスなのでほとんどの場合は免除になりますが、前年の収入により自己負担が発生する場合があります。

ジャンプでは9割以上の方に無料でご利用いただいています。

区分 世帯の収入状況 負担上限月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市町村民税非課税世帯 ※注1 0円
一般1

市町村民税課税世帯(所得割16万円未満)※注2

※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム・ケアホーム利用者を除きます。 ※注3

9,300円
一般2 上記以外 37,200円

(注1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。

(注2)収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。

(注3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、「一般2」となります。

利用料金はかかりますか?

料金には上限額が設定されています。上限額は「障害福祉サービス受給者証」に記載されています。ご利用者様個々人の収入や生活状況を加味して、役所がその額を決定します。

ご利用者様個々人の状況に応じては、利用料金がかからない方もいらっしゃいます。